木材のはなし

木の個性が、街を彩る。
暮らしを満たす。

木には人と同じように個性があります。
木の個性、その第1は「天然の生物素材」であること。そのため樹木の種類や育った環境、樹齢はもちろん、同じ丸太から製材した一枚板でも、様々な特性や表情に同じものはひとつとしてありません。日本人は、そうした「木」の特性を上手に組み合わせることによって、約1400年の歴史を経て、今なお建ち続けている「法隆寺」など、世界に冠たる木造建造物をつくりあげました。

木の個性、その第2は、「調湿性」があること。木は、室内の空気が乾燥してくると蓄えていた水分を空気中に放出し、逆に湿気の多い時期には、空気中の水分を吸収します。人々が快適に暮らせるよう室内の湿度をコントロールする天然のエアコンの働きをしてくれているのです。「木」の特性を活かして建てた木造住宅が日本の風土に調和するといわれるのもそのためです。

一方で、節があったり、色や木目が揃わなかったり、伸びたり縮んだり、割れたり曲がったりといったことも、木に個性があるからこそ。高度成長期などには、質よりも量を重んじ、廉価、スピード、施工性重視で、これらの木の個性が「短所」とされる時代もありました。
しかし現代では、様々な特性や表情を持つ木材を組み合わせてこそ、地震や災害に耐える強い建物ができる。世界に1つしかない表情を持つ「住まい」ができる。「木」から発散されるフィトンチッドという成分が癒やし効果をもたらす。「木を育て、使い、植える」という循環が自然保護に繋がり、地球温暖化や環境破壊を食い止めることができるなど、木は「古くて新しい素材」として注目されています。

ここではそれぞれの「木」「木材」の特徴をご紹介しましょう。

国産材

国産材は「針葉樹」「広葉樹」の2つに分類されており、それぞれに多くの樹種があります。
樹種によって異なる特徴や主な用途を解説します。

輸入木材

年々増大する輸入材について、日本の木材自給率や輸入木材の輸入先、
輸入量の推移などについて解説します。

集成材・合板

高い性能安定性、均質性、供給安定性など、年々進化を続ける「集成材・合板」。
それぞれが出来上がるまでの過程と特徴を解説します。

  • 木材Q&A
  • 木材よもやま話