広葉樹
マカンバ(真樺)

カバノキ科Betula maximowicziana

ウダイカンバともいう。同属のカバ類の中では形質が最も良い。北海道、本州(中部以北)に分布し、特に北海道が多い。散孔材で心材は褐色、辺材は淡桃灰色。やや重く硬いが加工性は良く見た目も良い。強靭であるが耐朽性は低い方である。ミズメとともにサクラと称して使われることがあるが、これは間違いである。
主用途
建築(内装、敷居、フローリング)、家具、合板、化粧単板、器具、靴木型、運道具、楽器等。
マカンバ