東京木材問屋協同組合
HOME >もっと木材を知ろう! > 木の「個性」について
木の「個性」について


念ながら、現在、多くの木造住宅では、木材は住む人の見えるところや、
触れることができる場所に使用されなくなってしまいました。
何故でしょう?
これには、多くの理由があります。
その理由の多くは、「木」の個性を短所としてとらえ、
質よりも量を重んじ、廉価、スピード、施工性だけが
優先されたことに拠るものであります。

こで、「木」の個性についてふれてみたいと思います。
「木」の個性の第1は、天然の生物素材であることです。
生育する環境によって、「木」は様々な特性や表情を持ちます。
「木」の特性を上手に組み合わせることによって
日本人は法隆寺に代表される、世界に冠たる木造建造物をつくりあげました。
残念ながら、今、木の特性を組み合わせて(大工さんが1本1本墨付けをして)造る家は少なくなってしまいました。
工場であらかじめ組み立てられたり、
コンピューターで刻まれた木材を使用して建てられる家が主流です。
かって、特に良質な表情を持つ木材(銘木)の
写真を撮って、ベニヤ板に印刷した建材が、
その施工性と廉価さの故にもてはやされた時代がありました。
それ以降、ちょっとした節があったり、色や木目の揃わない内装用の木材は
クレームの対象になることがおおくなりました。
でも、ちょっとだけ考えてみてください。
様々な特性や表情を持つ木材を組み合わせてこそ、
地震や災害に耐え、世界に1つしかない表情を持つ
あなただけの「住まい」ができるのです。

「木」の個性の第2はその調湿性によるものです。
湿度にあわせて、含有する水分を吸収したり放出したりします。
そこから、伸びたり縮んだり、割れたり曲がったりします。
長所である調湿性が欠点となってしまいました。
過去において、伐採されたばかりの、たっぷりと水分を含んだ原木が
製材されて市場に出回り、施工性の良さの故に好まれて使用されました。
そこからいろいろのトラブルが発生してしまいました。
十分に乾燥した木材を使用しても、湿度によって伸びたり縮んだりします。
これはまさしく、「木」の長所であり、居住性を良くする要因です。



前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004