東京木材問屋協同組合
HOME >もっと木材を知ろう! > 輸入木材について > 輸入材のご紹介(米材)
米材について


主産地

 北米大陸のカナダ・アメリカ産の木材を業界では米材と総称しています。
 カナダのユーコン州からアメリカのニューメキシコ州に至る、巨大なロッキー山脈と太平洋岸の間にいくつかの山脈がありまが、それらのうちカナダのコースト山脈、アメリカのカスケード連山、コースト連山一帯が米材針葉樹の主産地です。
アメリカの東部メイン州から南部ジョージア州にまたがるアパラチア山脈は、多様な広葉樹の宝庫です。
 アメリカ南部からはイェローパインの製品が輸入されています。イェローパインはかつての綿花地帯に植林された造林木です。



現地名 日本名(通称)
ダグラスファー 米松
ヘムロック 米栂、カナダ栂
スプルース スプルース、アラスカ桧
イェローシダー 米ヒバ、カナダ桧
レッドシダー 米杉

SPF:スプルース、パイン、ファーの混合材
BC州:ブリティッシュ・コロンビア州
左表以外の樹種は現地名で通用している。

 

輸入数量の推移
樹種別輸入量
特長と用途
米材四方山話し

 


前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004