南洋材
メルクシパイン

マツ科Pinaceae

現地名
トウサム、ダマール、メルクシ (インドネシア)
学 名
Pinus merkusii
特 長
材質や気乾比重は産地によって異なるが、スマトラ島北部山岳地帯のもので0.46前後、加工性はよく色調は黄白色から淡黄褐色。
主用途
家具、カウンター天板、内部造作
参 考
メルクシパインは、殆どがインドネシアから集成材として輸入されています。スマトラ島北部山岳地帯には純林があり、松脂採取のため造林もされています。集成材の原料は造林木が主体です。メルクシ松はミャンマからインドシナ半島、フィリピン、インドネシアにかけて生育している二葉松で、性状材質は産地によって大分異なります。カンボジア産のものはカンボジア松と呼ばれ、縁甲板やヤニ松として床の間に使われています。
メルクシパイン