南洋材
メラピ

フタバガキ科Dipterocarpaceae

現地名
メラピ(マレーシア、インドネシア)、マンガシノロ(フィリピン)
学 名
Shorea Sp
特 長
材質は中庸で、加工性、仕上り良好。色調は明るい黄クリーム色で、若干日焼けしやすいが塗装による着色性がよい。
主用途
内部造作、家具、銘木合板
参 考
メラピあるいはマンガシノロと呼ばれる材は、ショレア属の中程度の比重をもち白色で組織内にシリカの結晶を持つ材の総称です。シリカのせいで若干鋸挽きがし難いのですが、仕上がりは大変美しく、柾目の通ったよい所はスライスして銘木合板の表面に用いられます。用途はホワイトセラヤと同様に使われますが、わが国での評価はホワイトセラヤより上級材となっています。原木はマレ-シアサラワク州から輸入されています。
メラピ