東京木材問屋協同組合
HOME >木材Q&A

木材Q&A  
      

 1. 木にはいろいろな種類があるけど、その特徴は?
大きく分けると、針葉樹と広葉樹に分けられます。
針葉樹は、主として温帯から寒帯に分布し、主な樹種としては、杉・檜・松があげられます。はっきりとした年輪を有し、直材であることが多く、比較的やわらかくて加工が容易なため、構造材・造作材等あらゆる用途に使用されています。
広葉樹は、全世界に幅広く分布し、主な樹種としては、欅(ケヤキ)・ブナ・楢(ナラ)・ラワン・チーク等があげられます。導管を有し、比較的かたいものが多く、家具用材・床材・造作材等多くの用途に使用されています。
木は、生物素材であり、同じ樹種でも、産地や樹齢によって大きな違い(個性)があります。材木店に相談して、適材を適所に使用することを、お勧め致します。

 

 
前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004