東京木材問屋協同組合
HOME >木材Q&A

木材Q&A  
        

 世界の木はどんどん減っているというけど、このままで大丈夫?

先進国では、伐採後の植林が、計画的に行われていることが多く、生長量に応じた伐採が、計画的に行われております。しかし、発展途上国では、再生に何世紀もかかる原生林や熱帯雨林が、経済的な理由から無計画かつ違法に伐採される事が問題となっております。これらを放置することは、地球環境、特に温暖化防止の観点からも好ましくありません。違法伐採をさせない、違法伐採の材を輸入しない事が重要です。だからといって、木材を使用することが悪であるような意見は、誤っています。木材を使用することによって、植林をし下草刈りや間伐をして森林を育てる費用がまかなわれます。木は永遠の循環資材です。東京木材問屋協同組合が所属している社団法人東京都木材団体連合会では「森を育てたい、だから木を使う」をメインテーマに木材の需要拡大運動に取り組んでおります。木材を使用して、世界の森林を育てていきましょう。





 
前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004