東京木材問屋協同組合
HOME >木材Q&A

木材Q&A  
        

主に針葉樹が構造材、広葉樹が化粧材、と聞きますが、
広葉樹が主として構造材に使われることはないのですか?
スギ、マツ、ヒノキと同様、それ以上の木材も広葉樹の中にあるのに・・・

確かに、広葉樹でも、ケヤキが古民家の大黒柱や社寺仏閣の柱として用いられてはおりますが、構造材としては圧倒的に針葉樹が多く使用されています。この理由にはいくつかの点があると考えます。
1.針葉樹は広葉樹に比べて安価で入手が容易であること。
2.直材が多く、軽量でもあるので使用しやすいこと。
3.年輪がはっきりしていることで、構造上軽量の割に強度があり
構造材として優れた素材であること。
4.広葉樹は、乾燥に長い年月がかかり、又、堅いため加工も難
   しいこと。
以上のような理由から構造材としては針葉樹が多用されております。
広葉樹も針葉樹もそれぞれ長所も欠点もありますから、適材を適所に使用することが、良い住まい造りにとって重要です。




 
前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004