東京木材問屋協同組合
HOME > トピックス >「第3回JAS講習会」開催
 
        

「第3回JAS講習会」開催

「第3回JAS講習会」が開催されました。


 教育広報委員会(委員長:岡田隆夫理事)は、平成27年度の委員会活動として、平成28年2月4日(木)正午より木材会館7階大ホールに於いて、「第3回JAS講習会」を開催致しました。JAS講習会は組合事業に掲げられた「JAS製品の推進及び製材品の検討」に基づき、組合員及び従業員を対象にJAS制度の理解向上と普及促進を図るため、過去2回に亘り実施しています。

 当日は過去最多の約80名の受講者に参加して頂き、講師には独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)本部・規格検査課の下田優子調査官をお招きし、「木質建材のJAS規格・北米北欧の規格との比較」と題し、約75分に亘ってご講演頂きました。当方の要望に応えるため、短時間に相当量の内容を取扱いましたが、解り易い資料が用意され、丁寧に解説して頂き、内容の濃い充実した講習会になったと思われます。

 今般の講習会を以って、「JAS制度と製材JASの概要」「構造用製材のJAS規格」と続いた一連のJAS講習会シリーズは最終回となりましたが、今後も引き続き、木材問屋としての知見を深め、日々の商売の一助となると共に消費者保護に立脚したJAS製品の普及を促進し、客観的な強度を力学的な見地から担保された木材の正確な使用を促すことを目的に、組合員及び従業員に役立つ様な講習会等を企画したいと考えていますので、その際には、是非ご参加頂きます様、宜しくお願い致します。

講習会の様子
講師 下田調査官 統轄 渡辺副理事長
担当役員 燗c常務理事 委員長 岡田理事
講習会の様子
   
 

前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2015