東京木材問屋協同組合
HOME > トピックス
 
        

文化厚生委員会 青年部「2泊3日台北ツアー」開催 
 〜青年部主導行事の企画として初めての海外旅行〜
文化厚生委員会青年部
幹事 飯 島 弘 康
(丸榮木材株式会社)

 私が青年部に入って約20年が経ちました。今まで色々な企画を青年部で話し合いしましたが、今回は初めての海外旅行を企画、担当幹事として10月14日から16日、2泊3日の日程で台湾ツアーに同行しました。出発日の14日(金)9時集合の所、5分前には34名の参加者全員が集まりました。羽田空港を無事に旅立ち機内食を食べ、台北松山空港に到着。入国審査では何事も無く、いよいよ台湾に入国して、現地ツアーガイドの呂さんと合流しました。空港を出発して、最初に中正記念堂に向かいましたが、あまりの大きさに圧倒されました。そこで集合写真を撮り、次に総統府(台湾版ホワイトハウス)をバスから見て龍山寺を目指しました。龍山寺は願い事が叶うと言われるお寺で、神妙な気持ちでお参りしましたが、結果的には参拝方法が間違っていました。それでも気持ちは伝わっていると思いました。その後はバスに戻り、今回の宿泊先であるインペリアルホテルに向かい、約1時間休憩を設け、ホテルから歩いて直ぐのレストラン(欣葉台菜創始店)で台湾料理を食べました。日本人にも合った味で凄く美味しかったです。私の台湾料理に対するイメージはがらりと変わりました。食事の後は自由時間のため、各自思い思いの行動になりました。私は夜市の士林市場に行って来ましたが、夕飯後だったので満腹でただひたすら雰囲気を味わっただけでした。その後、本場の足ツボを経験しました。

 2日目は、オプショナルツアーでしたが、約9割の方にご参加頂きました。ホテルでの集合時間は遅めの午前11時でしたが、最初に台湾で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)に行きました。小籠包のかなり有名なお店で待ち時間の表示は80分となっていましたが、そこは5分で入店する事が出来ました。このお店は予約が取れない様で先着順になるそうです。小籠包も美味しく、またチャーハンもさっぱり味で美味しかったです。大人数だと色んな種類が食べられてとても良かったです。次に、台湾といえば思慕昔(スムーシー)の「マンゴーかき氷」で、日本では有名なお店らしくかき氷がふんわりとして滅茶苦茶に美味しかったです。量が多いので一つを2人で食べる位が丁度良かったです。次はメインイベントの九彬(クフン)観光と天燈上げ、先ずは天燈(ランタン)を打ち上げる場所に向かい、夫々願い事を書いて打ち上げました。違うグループでは打ち上げの失敗もあった様でしたが、我々のグループの天燈は空高く舞い上がっていました。次にトロッコ列車に30分程乗り、そこからまたバスに乗り換えて向かった先が九彬でした。午後4時位に到着したので、少しずつライトアップが始まっていました。そこは「千と千尋の神隠し」に登場した「湯婆婆の湯屋」でアニメの中の1場面を思い出させる場所でした。もちろん写真も沢山撮りました。残念ながら途中から雨が降り始めましたが、撮影時には未だ降っていなかったので良かったです。ホテルに戻り、夕食はオプショナルツアーには含まれていないので、添乗員さんに教えてもらい美味しいフカヒレを食べに行きました。日本に比べると値段も安く味も美味しくて良かったです。その鼎極魚(台湾のフカヒレ専門店)には、同じツアーの参加者が12名程来ていた様です。食事の後は本場の全身マッサージを受けてその日の疲れを取り除いてからホテルに戻りました。

 最終日もオプショナルツアーを用意しており、約20名の方にご参加頂きました。ツアーの内容は、「衛兵交代(忠烈祠)」と世界四大博物館の一つ「故宮博物院」見学です。予定時間より早く到着したため、円山大飯店を観光してから衛兵交代式を見に行きました。30分位の時間を設け、その後故宮博物院に行きました。同館所蔵の名品「翠玉白菜(白菜のモチーフ)」は、その月から撮影が許可されたということで、とても良いタイミングでした。また、その日は白菜3兄弟が揃って展示されており、現地ガイドの呂さんが珍しいと言っていました。呂さんのガイドは素晴しく流暢な日本語で丁寧に説明してくれましたので、とても驚きましたが、その凄さは参加者全員が感じたと思われます。そして、ホテルに戻り、他の方々と合流してお土産屋さんに立ち寄りました。パイナップルケーキ、北投石、烏龍茶、東方美人茶(台湾のみ)等を各自がそれぞれ購入していた様です。

 最後に今回の初めての海外旅行企画にご賛同頂いた役員及び文化厚生委員の皆様に感謝申し上げます。また、参加者の皆様にご協力頂き、担当幹事の務めを果たし、事故無く無事に終える事が出来ました。本当に有難うございました。

 青年部では、今後も引き続き組合員及び従業員とそのご家族に喜んでご参加頂ける様な新企画を考えておりますので、ご案内の際には、是非お申し込みください。




前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2015