東京木材問屋協同組合
HOME > トピックス
 
        

「新年賀詞交歓会」盛大に開催
1月5日(木)、木材会館において、参加者250名
 

 当組合恒例の「新年賀詞交歓会」は、国会議員、関係諸官庁、都議会議員、江東区議会議員、木材関係友好諸団体、中小企業関連団体、金融関係等、各界の来賓をお迎え、組合関係者を含み、250名に及ぶ参加者の下、1月5日(木)午後1時より木材会館7階大ホールに於いて盛大に開催されました。尚、司会は岡田常務理事が務めた。

 先ず、新年の挨拶として渡辺理事長は「新年明けましておめでとうございます。皆様には、ご健勝にて新春を迎えられたことと、心からお慶び申し上げます。昨年は、格別のご指導とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。本日は恒例の東京木材問屋協同組合の新年賀詞交歓会に際し、ご来賓各位には年始大変ご多端の中ご光臨を賜り、誠に有難うございます。心より御礼を申し上げます。また多くの組合員の皆様、関係機関の皆様にもご出席を頂きまして有難うございました。早いもので昨年5月に役員改選により理事長にご推挙頂き、はや約半年経過いたしました。まだまだ至らない点が多々あろうかと存じますが、精一杯努力する所存ですので、何卒ご容赦頂ければ幸いに存じます。組合事業は皆様のご協力によりまして、お陰様で大過なく順調に進んでおります。諸先輩の方々のご努力のお陰により、大変価値ある資産を残して頂き、木材業界の発展のため大いに活用することが可能です。組合を預かるものとして、心より感謝申し上げる次第であります。昨年の世界情勢を振り返りますと、英国のEU離脱や、米国大統領にトランプ氏が当選したこと等、予想外の出来事が多かった年であったと感じております。日本にとっても伊勢志摩サミットの開催やプーチン大統領の山口訪問など重要な会談が成功し、今後の国際関係も節目となる年でありました。経済面でも安定した政治状況の下、緩やかな経済成長が感じられました。木材業界に於いては、木材の総合的利用促進を進める基盤が着実に広がってきています。住宅だけでなく、オフィスや商業施設等、あらゆる生活空間に於いて、人の手に触れるところに、より多くの木材が使用される事を目指して努力してゆく必要を感じております。木材会館は平成21年に木材需要拡大のホームグラウンドになることを目指して建築されましたが、それ以降公共建築物を始めとして様々な分野で木材の使用が加速された感があり、所期の目的を達成しつつあると感じております。現在でも国内外からのご見学者は1年間で平均2,000人程度にもなっており、そのうち半数程度が設計士や建設会社などの方々で、今後のビル建設の参考にされたいとのことで、業界全体の需要促進に大変寄与していることと誇りに思っております。今後とも木材会館の更なる活用につとめ、木材需要の拡大に貢献できればと考えております。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、木材を多用した新国立競技場が着工されました。他の施設においても木材が多用されることを期待しております。木材は二酸化炭素を固定する機能とともに、鉄やコンクリートより断熱性が高く、他の資材と比較して製造加工時に消費するエネルギーが少ないなど各方面から高い評価を頂いています。昨年に当組合が製作したDVDのうち、子供向けに出しました「木のまち 木のはなし」が、映像文化製作者連盟主催の「映文連アワード2016」において、ソーシャルコミュニケーション部門の部門優秀賞を受賞いたしました。未来の日本を背負う多くの子供たちに見ていただき、将来の木材需要に繋がることを期待いたしております。本日、この会場の後ろには、組合員の兜z川商店代表取締役布川幸一郎氏の御尊父、布川寛一郎氏が精魂込めて製作した能面を展示いたしました。木曾檜から削り出した素晴らしい出来栄えの能面ですので、お目出度いこの席に相応しいと考え、お願いしてご提供頂きました。最後になりましたが、本年が皆様方にとって素晴らしい年でありますようご祈念申し上げると共に、一層のご指導とご協力を心からお願い申し上げまして年頭のご挨拶といたします。」と述べられた。

 次いで、来賓祝辞に移り、秋元衆議院議員をはじめ、次の方々が年頭のご挨拶及び抱負を述べられました。

衆議院議員 秋元 司 様
衆議院議員 柿沢 未途 様
林野庁長官 今井 敏 様
東京都産業労働局 農林水産部長 藤田 聡 様
東京都産業労働局 農林水産部長 山普@孝明 様
東京都議会議員 山普@一輝 様
株式会社商工組合中央金庫 取締役常務執行役員 佐藤 昌昭 様

 その他、ご臨席頂いたご来賓の方々は、司会者からご紹介申し上げました。
 式典の結びに庄司副理事長が閉会の辞を述べた後、6階小ホールに於いて「懇親会」に移り、「木場木遣保存会」が新春の木遣り唄を披露した後、友好団体を代表し、東京材木商協同組合の天野洋一郎理事長のご発声により威勢よく乾杯で宴が盛り上がりました。宴は午後3時、当組合の吉条顧問の手締めによって目出度く閉会となりました。



渡辺理事長 新年の挨拶

式典の様子



衆議院議員 秋元 司様

衆議院議員 柿沢未途様



林野庁長官 今井 敏様

東京都産業労働局 農林水産部長
藤田 聡 様



江東区長 山附F明様

東京都議会議員 山譜鼡P様



株式会社商工組合中央金庫
取締役常務執行役員 佐藤 昌昭様

庄司副理事長 閉会の辞



布川寛一郎氏が精魂込めて製作した能面の展示



懇親会会場(6階小ホール)へ入場



木場木遣保存会による新春の木遣り

乾杯のご発声
東京材木商協同組合理事長 天野洋一郎様



懇親会の様子

吉条顧問による手締め


前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2015