文化厚生委員会 青年部主導行事 ~活動報告~
青年部「第1回日帰りバスハイク」(釣り体験及びBBQツアー)

2017.09.09

文化厚生委員会青年部
幹事 柿内 亮人
(有限会社尾花材木店)
副部長 渡辺 健人
(高広木材株式会社)


 9月9日に日帰りバスハイクを行いました。今回の目的は釣り体験をすることを目的とし企画を練らせて頂きました。釣りと言っても海釣り、川釣り、色々ある中でこの度は渓流釣りを選びました。場所として選ばせて頂いたのが山梨県大月町にある奈良子釣りセンターです。この奈良子釣りセンターでは釣った魚をその場で焼いて食べることもでき、バーベキュー場も併設されており手ぶらで行ってバーベキューも楽しめるようになっております。
 バスハイクの案内を出した7月末頃、問題が発生しました。記憶にある方もいるかも知れませんが局地的な大雨が山梨県大月町、まさに目的地であるこの場所を直撃しました。この奈良子釣りセンターも被害を受けたようで8月中は復旧作業の為、営業を停止していました。何とかバスハイクの1週間前に営業を再開し何とか予定通りにバスハイクを行うことができました。
 バスハイク当日、心配していた天気も快晴に恵まれ幸先のいいスタートと行きたかったのですが中央道の渋滞にはまり1時間の遅れで目的地の奈良子釣りセンターに到着しました。着くとすぐに釣りが始められるようになっておりスムーズに事が運びました。渓流釣りと言っても100mぐらいのエリアに5か所の自然の関を設けており釣り堀形式で楽しめるようになっておりました。そのうち4か所を貸し切って使うことができ他のお客との絡みもなく釣りやすかったと思われます。好きなだけ釣れるという形になっており多い方は10匹以上釣っていたようです。今回、2名の夫婦で来られている方から5人以上の家族、グループで来られている方もいました。参加者総勢38人のうち子供が8人来ていましたが大人顔負けに釣っている子もいました。バーベキュー場から釣り場まで20メートルも離れていなくて、大人の目の届く範囲であったので子供たちだけで釣りをしている様子も見受けられ親は安心して釣った魚を焼きバーベキューをできたのではと思われました。魚はニジマスでその場で釣って食べると格別でおいしかったです。
 この施設には他にもフライフィシングを楽しめる場所もあり釣りの上級者でも楽しめるのではと思います。
 帰りは遅れた分滞在時間を延ばす事も考えたのですが渋滞の事も考え本来の時間通りに出発しました。4時間の滞在になりましたが楽しめたのではと思います。帰りは渋滞も少なく予定通りに新木場に到着し終了いたしました。