文化厚生委員会 平成30年度青年部主導行事 ~活動報告~
青年部「納涼花火船」(第36回江東花火大会)

2018.08.01

文化厚生委員会青年部
幹事 嶌 田 浩 之
幹事 三 島 竜 祐
(村上木材株式会社)
会計 飯 島 弘 康
(丸榮木材株式会社)


 8月1日(水)開催の「第36回江東花火大会」に合わせ、毎回好評の「納涼花火船」を企画致しました。
 通常、芝生の広場や護岸などで花火を見物するところ、前回同様「深川吉野屋」さんの屋形船を貸し切って利用させて頂きました。約4,000発の花火を近場で見物出来る楽しみと、屋形船ならではの食事を楽しみに、出航時刻まで皆さま心待ちにされていました。そんな中、予定通り18時に多数の参加者を乗せ屋形船は出航致しました。
 青年部では、往復の船内に於いて食事を楽しみながら、また、空き時間の有効活用として、皆さまに参加して頂けるゲーム大会を企画、準備しておりましたので、往路では先ず、「たたいてかぶってジャンケンポン!」を実施致しました。各チーム1名の代表者を決め、トーナメント方式で催しましたが、とても盛り上がるゲームとなりました。
 いよいよ見物場所に到着し、屋形船のスカイデッキに移動後、まだかまだかと待っていたところ、19時40分に待ちに待った1発目が打ち上がりました。頭上に舞い上がる大迫力の花火は見る物を一瞬にして虜にし、皆さまが魅了されていたことを今でも鮮明に記憶しております。
 無事花火大会も終わり、復路では「ビンゴ大会」を実施致しました。花火の興奮が冷めやらぬ中、各景品を手にし、更に盛り上がりを見せる方々もいらっしゃる中、無事終えることが出来ました。
 今回初参加の中、幹事も担当させて頂きましたが、まだまだ至らない点が多々あったかと思われます。しかし、他の担当幹事や、参加者の皆さまのご協力のお陰で、無事終えることが出来ました。改めて御礼申し上げます。
 これからも青年部では、組合員及び従業員とその家族の方々に楽しんで頂ける様な催しを企画したいと考えておりますので、今後共宜しくお願い致します。

出典元:江東区HP