東京木材問屋協同組合
HOME > もっと木材を知ろう! > 集成材・合板の紹介 > LVLとは
集成材・合板の紹介

LVLとは


合板を作る過程において木材をかつらむきしたものをベニヤと呼んでいますが、これを繊維方向をそろえて接着したものがLVL(Laminated Veneer Lumber)と呼ばれるものです。合板とは違って棒状(柱のような)に製造することが多く、柱や梁などに利用されているようです。
原料の使用率が高く大量生産に向いています。また寸法精度も高いのが特徴です。

LVLのできるまで


丸太をかつらむき
希望の厚みになるよう重ねて接着
強固に接着するよう圧力をかけます
できあがり



前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2004