環境防災委員会

委員長:岩瀬 俊寛

■ 主な活動 (平成30年度)

※平成30年度事業計画(抜粋)
    6.森林育成を目的とする分収林の経営
12.自動車ローン、団体生命保険、火災共済、その他の共済事業の推進
13.木材輸送の安全化の指導と推進
16.災害対策の準備並びに防災訓練の実施
交通安全、清掃活動、災害対策、防災訓練、労働災害(労働保険)
とうきょう共済の代理所、全経連ローン、裏高尾・奥多摩分収林

■ 委員会活動報告 (平成29年度)

 「共済事業の推進」については、東京都の中小企業者が互いに支え合う共済事業を担う「とうきょう共済」(東京都火災共済協同組合)の代理所の窓口として、「中小企業のために、負担は軽く安心は大きく」を基本理念に「共済の輪」拡大と増強を図るため、その事業推進に協力した。また、当代理所の割当目標の達成に協力するため、共済制度の普及促進に努めた。一般保険商品に比べ掛金・補償内容共に有利である「火災共済」「生命傷害共済」「自動車総合共済」「自動車事故費用共済」「医療総合保障共済」「傷害総合保障共済」の他、「全経連」(全国経済事業協同組合連合会)が取り扱う「自動車ローン」等の案内を随時組合月報に掲載すると共にチラシ等の印刷物を定期的に組合員へ配付し、各班の班会議や材友会が開催される際には、「とうきょう共済」の実務担当者が説明する機会を設けて頂く等して、商品内容の理解向上に努めた他、自動車ローンを利用される組合員に対しては、「自動車総合共済」の同時加入を促進した。

平成29年
6月2日 日比谷の日本倶楽部大会議室に於いて、東京都火災共済協同組合の「第60回通常総代会」が開催され、当組合から理事長が出席した。
10月1日 とうきょう共済の「創立60周年記念キャンペーン」(平成29年7月~12月末)実施に伴い、当組合の割当目標の達成に協力するため、宣伝文書、リーフレットを組合員へFAX通知した他、組合刊行物と共に送付した。また、キャンペーン期間中に契約頂いた方には粗品を進呈した。
平成30年
1月19日 日比谷の日本倶楽部大会議室に於いて、東京都火災共済協同組合の「代理所全体会議」が開催され、当組合から渡辺理事長、庄司副理事長及び委員長の3名が出席した。また、とうきょう共済の「創立60周年記念キャンペーン」の優秀代理所として表彰された。
2月1日 とうきょう共済の「傷害総合保障共済及び医療総合保障共済」新規獲得キャンペーン(平成30年2月1日~3月31日)実施に伴い、当組合の割当目標の達成に協力するため、宣伝文書、リーフレットを組合員へFAX通知した他、組合刊行物と共に送付した。また、キャンペーン期間中に契約頂いた方には粗品を進呈する予定。

 「森林育成を目的とする分収林の経営」については、当組合では「裏高尾造林地」(八王子市裏高尾1304番地/10.76ha)、「奥多摩造林地」(西多摩郡奥多摩町氷川字逆川644-1/20.20ha(保安林))の分収林を管理している。「裏高尾造林地」については、直近では、平成28年11月19日に団体視察を実施しており、その際には、東京都森林組合に協力して頂き、造林地の東西境界を往復して良好な生育状況を確認した他、視察記念の標柱を造林地の山裾に設置した。また、多摩産材供給者の製材工場を合わせて見学した。次回の「第14回裏高尾造林地視察」は、造林地北側の頂上を目指し、ハイキングコースから尾根道に通じる順路での視察を平成30年11月に予定している。また、平成30年2月に森林保険を継続及び追加した。「奥多摩造林地」については、平成元年以来となる団体視察を平成27年11月7日に実施しており、立木の生育状況は良好であることを確認している。
 「災害対策の準備並びに防災訓練の実施」については、組合員及び従業員に効率良く多数参加して頂くため、木材会館1階多目的ギャラリー及び木材会館前の公開空地に於いて、前回実施の2企画を合わせ、「第2回AED講習会並びにスタンドパイプ取扱訓練」として、当組合、東京新木場木材商工協同組合共催で平成29年9月21日に実施した。当日は、両組合の組合員及び従業員の他、近隣企業の従業員等を含む多数の方々にご参加頂き、城東消防署及び新木場消防団の指導の下、胸骨圧迫による心肺蘇生と「AED」の使用方法を中心とした救命方法並びに震災時に住民が活用出来る消火資器材「スタンドパイプ」の取扱や放水を実際に体験した。また、終了後には木材会館7階テラスに於いて懇親会を催し、参加者の内、多数の方に出席して頂き好評を得た(参加者70名)。次回は、「起震車体験」「はしご車による高所救助訓練」を加え実施する予定。
 次に、東京消防庁の本所都民防災教育センター「本所防災館」に於いて、「本所防災館団体利用」防災体験ツアーを平成30年3月8日に実施した。当日は、「防災シアター」「地震体験」「消火体験」「煙体験」「都市型水害体験」の基本コースを選択した。その体験内容は充実しており、所要時間が短く感じられ、模擬災害の体験を通して、防災知識、災害時の行動力等が高められ、災害への備えを身に付けた(参加者25名)。次回は、「東京臨海広域防災公園」内の防災体験学習施設「そなエリア東京」に於いて、ガイド付き団体見学を実施する予定。
 「木材輸送の安全化の指導と推進」については、当面する諸問題に対応するため、その都度、関連情報を組合月報及びホームページに掲載した他、組合員にチラシやポスターを配付すると共に組合事務所等に掲示して、周知徹底を図り指導した。また、平成30年の「春の全国交通安全運動」が4月6日~15日までの10日間、全国一斉に実施されることに伴い、組合員及び従業員の皆様に改めて交通安全思想の普及、浸透を図るため、東京湾岸警察署にご協力頂き、木材会館7階大ホールに於いて、当組合主催、東京新木場木材商工協同組合、東京木材問屋協会共催の「第8回交通安全講習会」を平成30年3月20日に開催した。当日は、DVD「衝突!安全への過信~油断・不注意・思い込み~」を視聴した後、交通課交通総務係の講師から加害者の手記を紹介して頂くと共に、交通ルール厳守の大切さ等についてお話頂き、続いて、横行する特殊詐欺の根絶を図るため、警視庁犯罪抑止対策本部制作のDVD「すべては一本の電話から CASE2 不安をあおりキャッシュカードをだまし取る手口」を視聴した後、生活安全課防犯係の講師から、東京湾岸警察署の管轄区域に於ける犯罪発生状況を報告して頂いた他、依然として深刻化する振り込め詐欺等の現状、被害を未然に防止するための対策方法について解り易くお話頂き、交通安全並びに防犯に対する意識の向上を図った。また、東京湾岸警察署のご厚意により、防犯ブザー付ライトと啓発チラシ等を受講者全員に配付した(参加者75名)。次回も定期的に交通安全及び防犯について改めて考える機会として、継続開催を予定している。
 その他、「清掃活動」については、木のまち新木場を拠点とする組合として、気持ち良く過ごせる街づくりの取り組みに協力するため、平成30年3月23日開催の新木場清掃まつり実行委員会主催「第14回新木場清掃まつり」に参加した。
 今後も環境防災に関する多岐に亘る企画を催し、活発な活動を図りたい。

戻る
PAGE TOP