文化厚生委員会 青年部主導行事 ~活動報告~
青年部「納涼花火船」(第35回江東花火大会)

2017.08.01

文化厚生委員会青年部
幹事 山 下   亮
(江間忠木材株式会社)
部長 澤 田 貴 史
(株式会社沢田フォーレスト)


 青年部では8月1日に開催される「江東花火大会」に合わせ、「納涼花火船」を企画しました。当日の天候は直前まであいにくの空模様で、花火大会の開催が心配でしたが、予定通りに開催されました。
 今回は初めての試みとして、往復の船内でゲーム大会を催した結果、盛況のうちに終了する事が出来ました。当日は、前回同様、船宿「深川 吉野屋」さんの屋形船を貸し切り、当初の予定通り午後6時に多数の参加者と共に出航しました。先ずは「たたいてかぶってジャンケンポン!」を各チームの代表者1名によるトーナメント形式で行いました。このゲームにより花火大会開催までの往路の雰囲気を盛り上げる事が出来ました。
 花火の打ち上げは午後7時40分から8時30分まで行われました。打ち上げ場所近くから見る花火は大変迫力があり、大人から子供まで楽しむ事が出来ました。屋上スカイデッキには多くの人が集まり、デッキから見る大迫力の花火を楽しむ事が出来ました。
 復路ではビンゴ大会を行い、船内を最後まで盛り上げる事が出来ました。今回の花火船では、文化厚生委員会の豊田担当役員及び小林委員長を初め、担当幹事以外の青年部員にもご協力頂き、参加者にお楽しみ頂ける場を提供出来たと考えています。この場をお借りして心から感謝申し上げます。
 青年部会では、今後も組合員及び従業員とそのご家族を対象に、多数お申込み頂ける様な企画を催しますので、宜しくお願いします。