東京木材問屋協同組合
HOME > トピックス
 
        

「第6回社会科見学」開催
 

 社会科見学として1月16日(月)に江東区立数矢小学校の3年生が木材会館を訪れました。数矢小の社会科見学は平成23年度より継続開催しており、今回で6回目になります。
 江東区立の小学校では第3学年の社会科「わたしたちの町の仕事」という学習として、「私たちの江東区」という単元を設け、今回は「江東区と木材の関わりを知る」「木の良さに触れ、木材について興味・関心をもつ」「集団行動を通じて友情を深め、協力の精神を養い、規律ある行動を身に付ける」を目的として実施されました。
 当日は晴天に恵まれ、冬空の寒い中、元気な挨拶と共に数矢小の3年生3クラスの児童、約92名が校長先生及び各クラスの担任教諭に引率されて来館しました。短時間でしたが、木材会館で「木の素晴しさ」を発見し、数矢小周辺の「木場の移り変わり」を学んで頂き、活発で聡明な疑問や質問が寄せられました。 今回の社会科見学の開催に当たり、ご担当ご協力頂いた組合役員及び組合員の皆様には、お忙しいところ本当に有難うございました。次回も宜しくお願い致します。











前のページに戻る

Copyright (C) Tokyo Mokuzai Tonya Kyoudou Kumiai 2015