価格市況調査委員会

委員長:飯島 義雄

■ 主な活動 (令和元年度)

※令和元年度事業計画(抜粋)
7.権威ある木材卸売標準価格及び市況の調査と発表並びに入出荷在庫量の調査と発表
8.国及び東京都の木材流通情報への協力
木材卸売標準価格及び市況、入出荷在庫量の調査と発表

■ 委員会活動報告 (平成30年度)

 当委員会は毎月初旬を定例日として、内外の木材製品・原木及び合板の内、市場性の高い主要品目(平成30年・83品目、平成31年・81品目)を評定品目として選定し、プレカットを加えた13項目(秋田材・青森ヒバ材、平角、東海材、吉野材、木曽桧、国産材構造材、広葉樹材、南洋材・中国材、米材(役物製品)、米材(製品)、北洋材・北欧材、合板)を取り扱う専門委員から、評定品目の相場及び各項目の市況概況を発表している。尚、評定品目については、「木材価格市況調査表」の作成に合わせ、現状の取扱量等に即して入れ替える等して変更している。また、木場店頭渡標準相場として評定品目の中から抜粋した品目(平成30年・9品目、平成31年・8品目)を組合員に速報で通知しているが、平成31年1月からは、変動のあった品目を追加記載している。その他、木材に関する啓蒙活動の一環として、当委員会の制作責任で、主要25品目の一丁一本単価を取りまとめ、木材価格市況標準価格相場と共に「組合月報」及び「ホームページ」に掲載している。尚、「組合月報」の掲載方法については、平成31年3月号から読み易い様な工夫が施された。委員会に於いて発表している相場や概況は、多数の業界紙等で取り上げられており、伝統と権威ある木材卸売標準価格として、組合内外に貴重な資料を提供している。今後も組合最古の委員会として、組合内外に役立つ正確な情報の発表に努めたい。また、委員会には、関東森林管理局東京事務所、日本経済新聞社編集局商品部、日刊木材新聞社、ウッドプランニング、NSJ日本住宅新聞社、日刊工業新聞社東京支社編集部、建設物価調査会、経済調査会建築統括部建築調査室、家具新聞社、ザイモク新聞社の各担当者が出席している。その他、入出荷在庫量の調査、業況予想調査、木製材品の荷動き・価格先行き動向調査他を実施して、その調査結果を「組合月報」に掲載している他、農林水産省木材価格統計調査事務局、林野庁林政部、東京都産業労働局農林水産部森林課、秋田県農林水産部林業木材産業課、日本木材総合情報センター(平成31年2月末終了)等に報告している。

戻る
PAGE TOP