広報委員会

委員長:馬田 勝之

■ 主な活動 (令和元年度)

※令和元年度事業計画(抜粋)
15.組合月報刊行並びにホームページによる組合及び業界その他の情報の提供並びに文筆による組合員の交流の場の提供
ホームページの管理運用、組合員及び従業員への広報活動

■ 委員会活動報告 (平成30年度)

 当委員会では組合事業として掲げられている「組合月報刊行並びにホームページによる組合及び業界その他の情報提供並びに文筆による組合員の交流の場の提供」の内、ホームページの分野を担当しており、ホームページの管理と適切な運用に努めると共にその提供内容の充実を図った。当組合のホームページは、組合員に対する有益情報を迅速に提供する目的と木材の良さを関係者は元より一般の方に亘るまで周知させるため、「今、木を見直そう」をスローガンに掲げ、平成16年9月に開設したところ、木材に対する関心の強さが象徴的に示す結果として、この種のホームページとしては高いアクセス数を誇ると共に現在に至るまで維持している。毎月1回程度、定期的に開催している委員会に於いては、毎月のアクセス数の動向を注視すると共にその解析結果を踏まえ、アクセス数の向上に資する具体策を講じるため鋭意協議を重ねており、各項目の改良改善と随時更新を図り、また、魅力ある新規項目を企画する等して、何度でも閲覧して頂ける様な管理運用を心掛けている。ホームページ内の組合Webサイトは、平成29年9月にリニューアル公開した。その刷新に伴う目玉の新項目として、公式ブログ「木材よもやま話」(木材に関するちょっといい話)を同サイト内に設置している。尚、ブログについては、委員会に於いて投稿内容を精査した上で公開の有無を判断している。本年度は、投稿本数の増加を図ると共にその内容を充実させるため、先ず委員が理解を深め、投稿方法を習得した上で順次投稿している他、組合員からの積極的な投稿を呼び掛けた。また、一般の方からの投稿にも対応するため、平成30年7月に「投稿用フォーム」を新たに設置すると共に、ブログのサブタイトルを「木材に関する気(木)になる話」に変更した。その他、トップ画面の浮世絵にタイトルを表示した他、操作性を改善した。また、安全性の高いWebサイトとして認識して頂くと共に検索時の上位表示を図るため、ホームページの常時SSL化(https化)を施した他、サーバープランを見直した。「木材のはなし」の項目は、人気のコンテンツであることを活かし、木材に関する情報の充実を図るため、先ずは樹種別の掲載画像を主に「木材会館」で使用されている樹種の写真と差し替えた。今後は掲載区分の変更や掲載樹種の増減等を検討している。「木と暮しのふれあい展」に於ける動画配信については、前回同様に組合企画の様子の他、今回は企画内容の簡単な説明や木工教室の完成画像を加え、YouTubeの公式チャンネルを通じて公開した。木材会館Webサイトは、木材会館に関する情報を発信する専用サイトとして、平成28年10月にリニューアル公開しており、当組合ホームページ全体の中で最も高い割合を占めるアクセス数を誇ると共に他の項目の閲覧に供している。同サイトには、建物概要や工事の記録は元より、木材会館利用の利便性向上を図るため、貸室案内の中に「木材会館利用申込みフォーム」を設置している他、予約状況(3か月分)を掲載すると共に木材会館の見学希望にも対応している。本年度は、同サイト内の「木材会館フォトギャラリー」の改良に取り組み、Flashコンテンツが閲覧出来ないデバイスでの対応策として、平成30年11月にHTML化を施した。来年度は、主な企画として、組合Webサイトのトップページに表示する目的として、当組合をイメージ出来る様な「キャッチフレーズ」(例:人にやさしい木を使おう)を組合員及び従業員とそのご家族から募集する他、「木材のはなし」の項目から派生した新たなコンテンツとして、同項目に於いて取り上げている樹種を使用している建築物を樹種別に表示するためのページを制作する予定。また、木材活用事例を紹介する項目を企画しており、今後も木材利用推進に寄与する情報の提供に努めたい。

戻る
PAGE TOP